人気ブログランキング |

摂食障害・ウツ歴25年でまさかの回復。これってどういうこと?


by イワサ

カテゴリ:摂食障害とは( 5 )

シノドス 2016/6/19 


摂食障害 100人100色の『回復』


by utushini | 2018-03-29 11:43 | 摂食障害とは

摂食障害の語り―「回復」の臨床社会学

中村 英代/新曜社

正直、もっと早く読めばよかったです。
ちょっとお高めなので、迷ってました。

社会学者で過去に摂食障害の経験もある筆者が、
摂食障害回復者18名にインタビューして考察。

摂食障害の原因ではなく、どう回復したかに焦点を当てています。

では過食真っ盛りのときにこのような本があったら早くよくなっていたか?


今でこそ感情的にならずに摂食障害関連の本を見ることができますが、
当時はまともに意味を汲み取れなかったかも。


自分の経験で体得したからこそ
他人が何を言っても書いても 他者の発言として受け取れます。


「うんうん、そうだよね。」

「へー、そんなふうに思うひともいるんだ。わたしとは違うけど、
そんな治り方もあるのね。」


学者でもなんでもない自分がなにかできるのか、
今日も考えています。








by utushini | 2018-03-27 13:51 | 摂食障害とは

摂食障害との距離

過食、嘔吐などの問題からいったん距離を置くことは、

大変有効でした。

2009年、縁あって会社員としてフルタイムで働き始めて数年間は
自助グループなどには一切行かず、仲間との連絡も細々とするのみでした。

ふつうの人(摂食障害でない人)として生活して、ふつうの人として扱われることで
自尊心をいくぶん取り戻しました。


あまりストレスの多い職場だと逆効果かもしれませんが、
病気と関係のないひとたちとのつながりは助けになりました。




by utushini | 2018-03-23 15:00 | 摂食障害とは

話せない時

自分の病気の問題のことを 自助グループで話したり個人的に話したり。

でもその話題について口にもしたくないし、考えることも避ける時期も長くあった。


自分に時間を与えてあげてください。

傷ついた友人をそっとしておくように。





by utushini | 2018-03-16 15:50 | 摂食障害とは

そもそも摂食障害とは

昔は「拒食症」「過食症」「神経性食欲不振症」と言っていました。
ある時期から まとめて摂食障害というようになりましたね。


具体的には食べることを制限して痩せすぎる、一時的に大量に食べてしまう、そのあと吐く、脅迫的に運動する、など知られています。
(詳しくは専門家のサイトなどを見てね)


身体的な病気のためではないことが前提なので、医療にかかる場合は心療内科や精神科などが中心です。(小児科などで診てくれる場合もあるかも)


昔は入院させて強制的に食べさせて、あるいは点滴で栄養剤を入れて体重を増加させるということもありました。 今はよほどでない限り少ないのでは。

うつや他のメンタルな病を併発していることも多いです。


治療しなくても生活の変化や成長に伴って、症状が消失することもよくあります。

治療は診察(医師との面談)や臨床心理士さんとのカウンセリング、補助的に薬となります。(病院の場合) 認知行動療法も効果があると言われています。

薬は食欲に直接働きかけるものではなく、精神面の安定をはかるためのものが中心です。


摂食障害を依存症の一種ととらえる考え方もあります。

自助グループ(患者本人たちによる経験を話してわかちあう場)もあります。


精神科で扱われる疾患の中でも自殺率が高いと言われており、それほど苦しい病気です。

しかし回復することも確かです。








by utushini | 2018-03-09 13:28 | 摂食障害とは